ビットフライヤーの口座開設手順|画像付きでわかりやすい!【5分で簡単】

ビットフライヤー 口座開設方法 手順

ビットフライヤーの口座開設手順です。

本記事の手順通りに進めれば、たったの5分でアカウントを作成することができます。

ビットフライヤー開設のポイント

  • クイック確認なら早くて即日の取引
  • 口座開設自体はたったの5分で完了
  • 銀行口座は住信SBIネット銀行or三井住友銀行

ビットフライヤーの口座開設に準備するもの

ビットフライヤーの口座開設時に準備しておくとスムーズに作業が進むものを確認しておきましょう。

準備しておくものは以下の3つです。

準備するもの

  • メールアドレス
  • 本人確認書類
  • 銀行口座

 

ビットフライヤーで口座開設する場合、上記3点あれば問題ありません。

メールアドレスは使い勝手が良ければなんでもだいじょうぶです。

ただ個人的にはdocomoやauよりも、キャリアが変わったときにめんどうでないG-mailアドレスがおすすめです。

本人確認書類は以下のどれかひとつを用意しておいてください。

本人確認書類

  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード

など

上記のような、顔写真付きの書類であることが最低条件です。

銀行口座については、三井住友銀行や住信SBIネット銀行を登録しておくのがベターです。

画像のように住信SBIネット銀行からの日本円の入金が、取引手数料が無料になるなどの特典があります。

1件あたり330円で少額ではありますが、ちりつもですのでなるべく住信SBIにすることを推奨します。

出金の場合は三井住友銀行であれば220円or440円となっており、それ以外のときよりも330円(税込)お得になっています。

入金は住信SBIネット銀行、出金は三井住友銀行と使い分けるのがベストですね。

ビットフライヤーの口座開設手順【5分で完了】

ビットフライヤーの口座開設手順を解説していきます。まずは、以下でおおまかな手順を確認しておきましょう。

口座開設手順

  1. メールアドレス登録
  2. パスワードの設定
  3. 二段階認証を設定をする
  4. 本人確認(住所の入力等)
  5. クイック本人確認をする
  6. 口座の登録をする
  7. 本人確認完了のメールorハガキを待つ

それではひとつずつ画面を確認しながら進めていきましょう。

メールアドレス登録

まずはこちらから「ビットフライヤー公式サイト」へアクセスしてください。

以下の画面になるので、メールアドレスを左下に入力しましょう。

アドレスはキャリアが変わってもそのまま使えるG-mailを推奨します。

※取引量について: Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

入力し終えたら「登録」をクリックしてください。

ビットフライヤー 登録

画面は次に進みますが、すぐにメールが届きます。

メールを開き、「キーワード」をコピーして、先ほどの画面の入力欄へ貼りつけましょう。

次へ」をクリックして進みます。

パスワードの設定&招待コード入力

次にパスワードを設定していきます。

パスワードは9文字以上100文字以内で、アルファベット小文字、アルファベット大文字、数字、記号の4つの内、最低2種類を組み合わせて作成します。

ここで設定したパスワードはどこかなくさないように保存しておきましょう。

また、招待コードの入力も忘れないように!

招待コードって?

ビットフライヤーにおいて常にあるキャンペーンです。招待コードを入力してから口座開設(登録)をするともれなく1,000円分のビットコインがもらえます。配布時期は本人確認完了から24時間以内とのことです。

招待コードは当サイトの「」をお使いください。

コピペするだけ、そして確実に1,000円分のビットコインをもらえるのでもらっておいて損はないはずです。

招待コードまで入力して、「設定する」をクリックしたら、次に「規約に同意」をします。

  • 電磁的方法による交付に関する同意書
  • ご利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 米国居住者の確認
  • 契約締結前交付書面(暗号通貨現物取引)

上記をよく読み、チェックを入れて「同意する」をクリックして進みましょう。

なかなか読みにくいけど大事なことが書いています。ひととおりなんとなくでも目を通すことを推奨します。

二段階認証を設定をする

二段階認証の設定をしていきます。

二段階認証の方法は3つあります。

  1. 携帯電話のSMS認証
  2. 認証アプリを使う
  3. メールで受け取る

今回は1番簡単な「携帯電話SMS認証」で進めていきますね。

まず電話番号を入力します。

「次へ」をクリックすると、電話番号先にSMSで認証コードが送られてきます。

すぐに認証コードを入力して進みましょう。

認証コードには時間制限があるので注意です。

次に二段階認証設定です。

上記画像のとおり、ログイン時に二段階認証するかはどちらでも良いですが、他3つの項目は必須です。

ログイン時だけどちらにするか決めたら「設定する」をクリックしましょう。

本人確認(住所等の登録)

二段階認証がおわったら引き続き、以下の画面になります。

取引スタートまではあと、「ご本人確認」⇒「日本円のご入金」⇒「お取引開始」のステップです。

まずは本人確認を済ませましょう。

ここでは住所登録などの個人情報を入力し、投資の目的や投資の経験などの質問に答えていきます。

個人情報はこのあとに提出する本人確認書類と同じ住所を入力してください。違う住所だと口座開設できない場合があるので注意が必要です。

その後、すべての入力が完了したら、「登録する」をクリックしましょう。

クイック本人確認をする

本人確認は2種類あります。

  • クイック本人確認
    ⇒早くて即日確認完了する
  • 対面での本人確認
    ⇒早くても3日ほど要する

ここではすぐに取引を始められる「クイック本人確認する」を選びます。

ここでも2択ですが、スマホのカメラアプリを使い、QRコードを読み込んで進めていきます。

スマホの画面に変わります。

本人確認書類を選べるので、3つから都合の良いものを選んでください。

今回は「運転免許証」を選んでいます。

次へ進む」と、カメラアプリの起動画面になります。

スマホのカメラを使って運転免許証の「表裏」「厚み」「顔」の撮影をしていきます。

すべて終了すると以下の画面になります。

本記事の手順では、まだスマホでビットフライヤーを開設していないので「ホームに戻る」はとりあえず押さずに、パソコンに戻ります。

パソコン画面にアカウント情報を見てみると、「本人確認の書類の提出」が承認待ちになりました。

本人確認資料等に問題なければ早くて即日「確認完了」になるはずです。

口座の登録をする

最後に銀行口座の登録をしておきましょう。

前述しましたが、登録する銀行口座は三井住友銀行か住信SBIネット銀行をおすすめします。

僕は住信SBIネット銀行を愛用しています。ATM引き落としも月に数回手数料無料だったり、なにかと優秀な口座です。

ビットフライヤーでの入金方法

ビットフライヤーでさっそく入金をしていきましょう。

入金をする方法は3つあります。

入金方法3つ

  1. 銀行振込
  2. インターネットバンキングから
  3. コンビニ入金

それぞれの反映時間や手数料などは以下の表でまとめました。

振込方法 銀行振込 インターネットバンキング コンビニ入金
反映時間 最長翌営業日 入金後すぐ 入金後すぐ
手数料 銀行の振込手数料に準ずる 330円(税込)
(住信SBIネット銀行利用で無料)
330円(税込)
入金上限 × × 1回30万円まで

手数料がかからない入金方法で日本円を入金することで、無駄な出費を抑えることができます。

インターネットバンキングでの入金方法

手数料が無料のインターネットバンキングでの入金方法です。

入出金」→「日本円」→「インターネットバンキングで入金」の順にクリックしましょう。

次に入金ができる金融機関が表示されるので、利用したい金融機関をクリックします。

住信SBIネット銀行をもっているなら住信を選びましょう。

「決済申し込み確認」の画面が表示されるので、入金手続きを勧めましょう。

インターネットバンキングはクイック入金なので、反映はすぐにされます。

【2022年最新】ビットフライヤーの口座開設キャンペーン

2022年6月現在開催されているキャンペーンは「お友達招待キャーンペーン」です。

内容は以下のとおりまとめています。

キャンペーン名 友達紹介キャンペーン
成果 最大10,000円相当のビットコイン
期間 5月18日~6月17日まで
対象者 期間内に以下の条件を満たした人
達成条件
  • キャンペーンページからのエントリー
  • 招待された人の内、2人以上が本人確認まで完了
詳細ページ 公式サイトで詳細を見る

通常のお友達紹介キャンペーンは、招待した人に500円分のビットコイン、招待された人には1000円分のビットコインがプレゼントされます。

上記のキャンペーンは、通常のお友達紹介キャンペーンをパワーアップしたものです。

内容は、紹介した人数に応じてもらえるビットコインが最大10,000円になるというキャンペーンです。

ビットフライヤーの特徴

  • 業界で最長の運営歴
  • トラブル0安心セキュリティ
  • タイミング良ければビットコインがもらえる

ビットフライヤーは日本の暗号通貨取引所の中でももっとも長く運営している会社で、2022年で7年目になります。

その間、一度も大きなトラブルがなく、セキュリティ上での心配が少ない取引所でもあります。

頻繁に口座開設キャンペーンをおこなっていて、いまでは「お友達紹介キャンペーン」や常時「招待コード」があるので、タダでビットコインが手に入る機会が多いのも特徴です。

ビットフライヤーでの取り扱い暗号通貨

ビットフライヤーでの取り扱い暗号通貨は15種類です。

以下、取り扱っている暗号通貨の一覧ですのでご確認ください。

BitFlyerで取り扱う暗号通貨一覧

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. イーサリアムクラシック(ETC)
  4. リップル(XRP)
  5. ビットコインキャッシュ(BCH)
  6. モナコイン(MONA)
  7. ネム(NEM)
  8. ライトコイン(LTC)
  9. リスク(LISK)
  10. ベーシックアテンショントークン(BAT)
  11. テゾス(XTZ)
  12. ステラルーメン(XLM)
  13. ポルカドット(DOT)
  14. チェーンリンク(LINK)
  15. シンボル(XYM)

ビットフライヤーで口座開設するメリット

  • 初心者が使いやすい
  • 仮想通貨のレバレッジができる
  • 積み立てが簡単にできる

ビットフライヤーは初心者にもおすすめできる!

ビットフライヤーは初心者にもおすすめできる暗号通貨取引所です。

スマホアプリも直感的に操作できる仕様で、とても使いやすいものとなっています。

暗号通貨取引といっても初めから10万20万円を運用する必要はありません。

それに暗号通貨取引所を開設することで、運用方法も広がります。

  • 積立投資
  • DeFi運用
  • NFT取引
  • GameFi

例えばDeFiは預けるだけで、年利数十%~数百%の利息をもらえる運用方法です。

パンケーキスワップをはじめ、DEXと呼ばれるDeFiができる取引所が、2022年あたりからとても話題になっていますね。

⇒パンケーキスワップとは

当サイトでもDeFi運用歴を紹介している記事があるのでぜひ参考にしてくださいね。

いまのところ約5万円を運用していますが、1週間で
  • この記事を書いた人

シン

仮想通貨歴5年(2017年~)主にXRPとETH所有。仮想通貨を軸に、Web3/NFT/DeFiなど乗り遅れたくないけどむずかしくて後回しにしてしまいがちなジャンルの発信をしています。自称草コインホルダー&NFTコレクター。

-仮想通貨の始め方