【いま欲しいNFT】Crypto Ninja Partners(CNP)が人気の秘密&買い方

クリプト忍者パートナーズ CryptNinja Partners

この記事が解決する悩み

  • 話題のCNPがなぜそんなに人気なのか知りたい
  • CNPの特徴や将来性を知りたい
  • 初心者だけどCNPの買い方を知りたい

本記事は上記のような悩みを解決できる内容です。

初心者の方がNFTに興味を持ち始めたときに必ずといって良いほど名前を聞くのが「CryptNinja」。

そしてCNPはCrypto Ninjaのスピンオフ作品で、インフルエンサーである「イケダハヤト(イケハヤ)氏」が手掛けるNFTコレクションです。

先にCNPの特徴や人気の理由などを解説していくので、全体像を把握していただけるような内容になっています。

もし「すぐにCNPの買い方を教えてよ!」という方がいらっしゃいましたら、こちらから該当箇所まで飛べるのでよければどうぞ。

すぐにCNPの買い方を知りたい

Crypto Ninja Partners(CNP)のロードマップ

出典:CNP

CNPのロードマップからの情報をまとめています。

これからのイベントを知りたい方はチェックしてみてください。

時期 Q2 Q3 Q4
イベント内容
  • CNP発売
  • 発売記念メタバライブ
  • 宝探しイベント
  • 収益の使い道を決めるオーナー投票
  • 保有CNPアバターオーダーメイドクラフトサービス
  • CNPオーナー限定メタバースイベント
  • 背景合成サイトオープン
  • 新キャラクター口寄せ
  • CNPオーナー限定メタバ音楽フェス
  • ボクセルNFTプロジェクトのAirdrop
  • メタバース上にテーマパーク
  • CNP チャクラトークン Airdrop
  • CNP NFTカードバトル
  • Real施設とのコラボレーション
  • 新しいIPビジネスモデルの構築
  • 他IPの支援

Crypto Ninja Partners(CNP)とは

出典:OpenSea

Crypto Ninja Partnersとは「Crypto Ninja NFT(以下画像)」のサブキャラクターが主役となり、忍者の格好をしているコレクションです。

クリプト忍者

出典:OpenSea

2022年5月15日に開催したプレセールで、22,222体のNFTがすべて売り切れ、大きな話題を呼びました。

また、CNPの初期販売額は0.001ETH(約300円)でしたが、いま(2022年6月9日時点)では約0.224ETH(日本円で約55,000円)と、200倍近くも価値が上がっているのです。

しかもたった4週間で、です。

CNPのコンセプトとビジョンをみていきましょう。

コンセプト

クリプト忍者Partners

出典:CNP

CNPの公式サイトでは、コンセプトは4つ紹介してあります。

CNPのコンセプト

  1. GENERATIVE
  2. SPIN-OFF
  3. MEMBERSFIP
  4. PARTNERSHIP

GENERATIVE

まずCNPはジェネラティブアートです。Crypto Ninjaのときは32体だったNFTが、ジェネラティブアートにより22,222体生みだされたことで、より多くの人がCNP保持者となることができます。

ジェネラティブアート

ジェネラティブアートというのはコンピュータのアルゴリズムによって自律的に生成される芸術的なアートのことです。

SPIN-OFF

また、CryptoNinjaのデザイナーRii2氏がCNPでも引き続きベースデザインを担当し、DAOのクリエイター陣が作成している正統なスピンオフ作品となっています。

MEMBERSFIP

CNPは短期的な転売による利益よりも、CNPホルダーとしてコミュニティに参加することで得る経験こそが、重要な価値としています。

コミュニティはいまでは26,000人の参加者がいて、NFTのDAOコミュニティとしては世界最大とのことです。
>>CNPのDAO

PARTNERSHIP

CNPは、NFTにおける、キャラクターや作品とファンとの関係を新しいフェーズにするというコンセプトです。

新しいフェーズというのは単なるファンで終わるのではなくパートナーとして深く関わっていける形にすることでしょう。

そんな世界観を目指しているのがCNPなのです。

ビジョン

クリプト忍者

出典:CNP

CNPが掲げるビジョンは4つです。

CNPのビジョン

  1. Value:価値を高める
  2. Opportunity:可能性を拡張する
  3. Experience:新しい体験を
  4. Connection:より深い体験を

Value:価値を高める

CNPはクリプトパンクスのような他の人気NFTと比較し、倍以上の作品を生みだしました。この22,222体という数で、経済圏をつくりだし「CNPを保有する」ことへの価値を最大限に高めていくことをすすめています。

Opportunity:可能性を拡張する

NinjaDAOでは、メタバースや教育・エンタメなどのさまざまなプロジェクトが日々おこなわれています。他にもCNPのアニメの制作やPlayToEarnの開発も進められており、CNP保有者へのメリットを随時拡大中です。

Experience:新しい体験を

CNP保有者はプロジェクトやイベントに優先的に招待されます。今後販売されるであろうCNPの新しいNFT作品を購入するのもCNP保有者が有利になるでしょう。CNPを持つだけで、新しい体験を最前線で楽しむことができるのです。

Connection:より深い体験を

CNPは、CNPプロジェクトやNinjaDAO内での活動により深く関わることができます。ホルダーでありながらも、自身のスキルを活かして運営に携われる可能性があるのは大きな魅力ではないでしょうか。より深く体験してもらうことで「CNPを持つ」ことの価値をさらに引き上げます。

Crypt Ninja Partners(CNP)の特徴

CNPの特徴は3つあります。

  • 販売の価格が安い
  • CNPコミュニティがある
  • NFTとしての可能性を広げている

販売時の価格が安い

CNPはいまとなっては、約0.224ETH(約5万円)で2次流通していますが、プレセールでの販売価格は日本円で0.001ETH(約300円)でした。

次に予定されているCNPJ(Crypt Ninja Partners Jobs)でも同じ0.001ETHでの販売が決まっています。

つまりCNPは、毎回0.001ETHの販売価格にもかかわらず、2次流通では数百倍になるかもしれません。

いわば投資性があるNFTといえるでしょう。

CNPのコミュニティがある

CNPのコミュニティ「NinjaDAO」が充実していることは大きな特徴であり、CNPを急速に成長させている要因のひとつではないかとおもいます。

NinjaDAOはCNPを持っていなくても参加できます!

みなさんのツイートを見ている限りわかるNinjaDAOに参加するメリットは、優先的に情報を得ることができる、CNPのプロジェクトが進んでいくのを間近で体験できる、コミュニティの皆との繋がり、ではないでしょうか。

特に3つめの「コミュニティの皆との繋がり」はNinjaDAO参加者にとってかけがえのないものとなっているような雰囲気を感じられます。

NFTとしての可能性を広げている

CNPは常にNFTの可能性を広げているなと感じます。

それは、NFTを単なる販売物と捉えていないことの意識をどのプロジェクトよりも持っているからでしょう。

通常のNFT販売者との違いは、「体験」部分を色濃く主張しているところにあります。

例えばコレクションにストーリーを持つこと、二次販売で稼ぐことなどNFT販売者が気にするポイントはいくつかあげられますね。

いわば上記のあたりが今のNFTコレクションのスタンダードとなっているわけです。

しかし、CNPはその中にコレクターの「体験」を含めることで一歩先進んでいます

CNPの「体験」は作品とコレクターの間にある壁を取っ払って、CNPのアイデアを出すことでプロジェクトに参加できたり、クリエイターとして運営者側に立つチャンスも得られるこれまでにない異質な要素をもっています。

NFTが流行りで終わらないための可能性が広がっているように感じませんか?

Crypto Ninja Partners(CNP)が人気になっている秘密

CNPが人気になっている秘密を僕なりに考えてみました。

NFTクリエイター側の人には売るための参考になるかもしれませんね。

僕が考える人気の秘密

  • 可愛くてアイコンにピッタリなキャラクター
  • イケハヤ氏のツイートが活発
  • 他インフルエンサーのアイコンがCNPに
  • NinjaDAOが楽しい
  • 今後のイベントが盛りだくさん

可愛くてアイコンにピッタリなキャラクター

そもそもイラストのクオリティが高くなければ売れないはずです。

  • パンダの「リーリー」
  • 幽霊の「ミタマ」
  • 鷹の「ナルカミ」
  • 白蛇の「オロチ」

CNPの場合は、上記の4キャラクターがいろんな姿に変身している作風となっています。

特に女性の方は「かわいすぎる!」とほめちぎっていますし、もしアニメ化すれば子供も楽しんで観ることができる作品になるのではないかなとおもいます。

イケハヤ氏がセールス担当

イケハヤ氏はブロガーから始まり、SNSマーケティングやビジネス書など、多岐にわたった活躍をしているインフルエンサーです。

チャートの緩やかな伸びは着実な人気の上昇を示していますね。

イケハヤ氏はCNPのセールス担当であることもあり、Twitter上でとても活発に発言しています。

なかなかズバリ言うタイプなので炎上しやすいクセがありますが、フォロワー数70万人という数字と相まって広告塔としての力は「すごい」のひとことです。

そのおかげもあり、かなりの勢いで認知が広まったのでしょう。

他インフルエンサーのアイコンがCNPに

インフルエンサーのアイコンがCNPになっていることも、人気に火が付いた理由だとおもいます。

「しゅうへいさん」は約5万フォロワー、「はあちゅうさん」は約24万フォロワーです。

 

インフルエンサーの方が使用するとあっというまに広がりますね。

NinjaDAOが楽しい

NinjaDAOは凄腕のクリエイターさんやエンジニアさんが所属しています。

僕自身、NFT関連ではなんのスキルも持っていないただのコレクター側ですが、プロジェクトの進み具合や新しい企画が生まれる過程をみることができるのが楽しいと感じます。

もちろんCNP保持者同士が楽しくおしゃべりする場もありますし、Twitterよりも盛り上がっている雰囲気でした。

さらに実はCNPホルダーでなくても参加できます。

DAOはディスコードで簡単に参加できますので、興味ある方はぜひのぞいてみてくださいね。

いちおうURLを貼っておきます。

https://www.ninja-dao.com/cnp

今後のイベントが盛りだくさん

CNPは今後のイベントが盛りだくさんです。

僕もひとつずつ追い切れないほど。

直近でも、7月CNPJのプレセールやアニメ化が控えています。

上記のようなメタバースイベントもあったり、今後もイベントが絶えず発案、実行されていくでしょう。

Crypto Ninja Partners(CNP)の買い方【3STEP】

CNPの買い方は簡単3STEPです。

初心者の方でも最短でその日のうちにはCNPを買えちゃいます。

おおまかな流れは以下です。

CNP購入の流れ

  • コインチェックでETHを購入
  • メタマスクにETHを送金
  • OpenSeaでCNPを購入する

ひとつずつ説明していきます。

コインチェックでETHを購入

まずはコインチェックでOpenSeaで取引をおこなうために必須のETHを購入しましょう。

CNP1体購入したいのであれば、ガス代のことも考えて6万円程度用意すると確実です。

コインチェックの開設がまだでしたら、こちらの記事で開設方法をまとめていますので参考にしながら進めてみてください。

他にbitflyer(ビットフライヤー)でも良いですが、ここでは1,500円分のビットコインをタダでもらえるコインチェックを推奨します。

コインチェック 開設方法 登録
参考コインチェックで口座開設する手順|簡単5ステップ【完全無料】

続きを見る

手順通りにおこなえば5分足らずで開設可能です!

メタマスクにETHを送金

ETHの購入が済んだら、次にメタマスクにETHを送金していきます。

メタマスクのインストール自体がまだでしたらこちらの記事でインストール方法をまとめているので参考にしてください。

参考メタマスクの始め方とコインチェックから送金する方法・手順解説【初心者でも簡単】

続きを見る

送金方法も解説しています。

OpenSeaでCNPを購入する

メタマスクにETHが入っている状態になったら、OpenSeaでCNPを購入していきましょう。

OpenSea登録からCNP購入までの手順はこんな感じです。

OpenSea登録~CNP購入まで

  1. OpenSeaにアクセスする
  2. OpenSeaに登録する

1.まずはOpenSeaにアクセスします。

Create(作成)」をクリックしましょう。

するとメタマスクと接続する画面になるので、「MetaMask」を選択しメタマスク起動後、「ログイン→署名」してしていきましょう。

2.続いてOpenSeaに登録していきます。

Profile Settings」で各項目を入力します。

ただ購入するだけであれば最低限「Username」と「E-mail Address」のみ入力でだいじょうぶです。

入力完了したら下にある「SAVE」をクリックしましょう。

Twitterと連携したい場合(販売者は必須)は以下画像の「Connect」をクリックするといいです。

すると以下のようなメールが登録したアドレスに送られてきます

OpenSea 始め方

メール認証のために「VERIFY MY EMAIL」をクリックしてください。

以上までの行程でOpenSeaの登録が完了し、CNPなどNFTを購入できるようになりました。

3.CNPを購入する

CNPを購入していきます。

OpenSeaの検索窓で「CryptoNinja Partners」と入力して検索をかけましょう。

CNPは現段階(2022年6月)でOpenSea以外では販売されていません。もし他のサイトで取引があれば詐欺と思って関わらないようにしましょう。

こちらから遷移すると安全です。
https://opensea.io/collection/cryptoninjapartners

検索結果画面

青いチェックマークがついているのが公式アカウントである証拠です。

以下画像はCNPコレクションのトップ画面です。

各項目の意味は画像のとおりです。

続いて好きな(欲しい)作品を選択し、「Buy now」→「checkOut」の順にクリックしましょう。

次に「Sign」→「メタマスクの署名」の順に進みましょう。

最後に「Your purchase has processed(あなたの購入は処理されました)」と表示されて、CNP購入完了です。

いちおう、以下の画像にある「取引履歴」をみてみると、あなたの今回の取引が確認してみるといいです。

 

以上でCNPを購入する全行程がおわりました!おつかれさまでした。

Crypto Ninja Partners(CNP)の将来性について

いまCNPが人気なのは一過性ではないのか。

流行っているものはどうしてもそんな考えもでてきます。

しかし結論からいうと、CNPの将来性にはかなり期待できるといえます。

それ以下のようなNFTプロジェクトを多方面に広げているからです。

さらにいうと、このプロジェクトを通じて、持続性のあるコンテンツ制作に向かっているからだと考えます。

  • アニメ&ゲーム化する
  • CNPJが7月販売開始する
  • 続々と新プロジェクト案がでている

ひとつずつ解説していきます。

アニメ&ゲーム化する

CNPはすでにアニメ化に向けて動いています。

新時代のアニメとツイートされていますが、詳細はまだ発表されていません。

しかしこの企画が実現したときには、CryptNinjaを中心に人気は爆発するのではないかとおもいます。

特に日本のアニメやゲーム好きの海外の人がハマりだしたら人気に拍車がかかり、もう止まらないでしょう。

CNPJが7月販売開始する

このCNPJobsはクリエイターのうじゅうなさんが立案したものです。

当初は5月初めに企画が生まれ、5月末には販売開始するプロジェクトでした。

しかしあまりにも販売までの期間が短く、イケハヤ氏に止められたという話もあります。

NinjaDAOではこんな企画~販売までのやりとりをみることもできます。

CNPのスピード感を肌で感じられる場となっていますね。

続々と新プロジェクト案がでている

CNPのプロジェクトはNinjaDAOで進められます。

実はその歴史はNFTブームの初期から始まっています。

当初からNinjaDAOには、クリエイターやエンジニアなど、NFTの最先端をゆく人たちが集まる場でした。

そのこともあり、NinjaDAOは新しい挑戦が好きで仕事もプロフェッショナルな人たちが集まったコミュニティへと成長していったのです。

新しい案は秒単位で発案され、採用された案が光のようなスピード感で実行されていくCNPは、その勢いが止まることはまずないでしょう。

Crypto Ninja Partners(CNP)のまとめ

CNPはNFTの可能性を最大限に広げる試みを日々積み重ねています。

このスピード感とワクワク感を味わうことができるのは、CNPを保持してオーナーとなることでしょう。

CNPの現在の市場価格は5万円前後です。

NFT初心者として考えると、少し高く感じられるかもしれません。

しかし将来的には期待しか感じられないので、なるべく早く手に入れることでより利益をえることができるでしょう。

それに2022年5月にスタートしたCNPですし、いまならまだまだ先行者利益の範囲内です!

いまCNPを手に入れておくと、7月のCNPJのプレセール時に優先的に手に入れることができる権利を獲得できます。

購入額はCNPのときと同じ0.001ETHです。

もしかしたらCNPと同様、価値が200倍になることも...?

実際はどうなるかわかりませんが、CNPはまだまだ始まったばかりです。

ぜひいまのうちにCNPの買い方を参考にして手に入れてみましょう。

CNPの買い方に戻る

購入後やっぱりいらないと感じたら、同価格かそれ以上の値段で売ることができるのも嬉しいですね。

この記事を読んでいただき、価格以上の価値を見出していただけたなら幸いです。

  • この記事を書いた人

シン

仮想通貨歴5年(2017年~)主にXRPとETH所有。仮想通貨を軸に、Web3/NFT/DeFiなど乗り遅れたくないけどむずかしくて後回しにしてしまいがちなジャンルの発信をしています。自称草コインホルダー&NFTコレクター。

-OpenSea