仮想通貨LUNAとは|暴落後の動きや将来性

「仮想通貨LUNAってどういう仮想通貨なの?」

「チャートをみると暴落しているけれども将来性はあるの?」

2022年5月にテラ(LUNA)は暴落したことから、そのような考えがよぎった方も多いのではないでしょうか。

この記事ではテラ(LUNA)の特徴と今後について解説いたします。

仮想通貨LUNAとは|その特徴

仮想通貨LUNAとは、terraform Labs社が開発したテラプラットフォーム内で利用されるガバナンストークンのことです。

テラ(LUNA)は2018年に韓国発のプロジェクトとして誕生しました。

そのプラットフォームでは、米ドルなど各国の法定通貨の価格に連動する「ステーブルコイン」を発行しています。

将来的にはPayPalのようにEコマースでの利用を目的としており、韓国国内では「Chai」という決済用のサービスとして、一般消費者に認知されています。

【分散型のステーブルコイン】

テラ(LUNA)とは、どういった特徴を持った仮想通貨なのでしょうか。

ひとことで表すと、独自のアルゴリズムを持った分散型のステーブルコイン」といえます。

まず、ステーブルコインは「法定紙幣・ゴールド・他の仮想通貨などの原資産で価値を直接担保している仮想通貨」のことをいいます。

担保されている原資産によって、ステーブルコインは種類が大きく3つに分けられます。

  1. 法定通貨担保型
  2. 仮想通貨担保型
  3. アルゴリズム型

本的に担保とする原資産が必要ですが、テラ(LUNA)は③アルゴリズム型で、独自のアルゴリズムによって価値を維持しています。

【テラ独自のアルゴリズム】

仮想通貨LUNAは、ステーブルコインの価格を調整するための仮想通貨です。

さらにテラから発行されたステーブルコインの価値をアルゴリズム的に維持するようにできています。

LUNAは「発行と焼却を繰り返して供給量を調節する」ことによって、価格がドルと連動するように設計しています。

いわゆるデフレコインです。

また、テラはその供給量の調節をユーザーに協力させる仕組みを構築しています。

法定通貨の価値から乖離してしまう時に、利益が得られる仕組みにしてユーザーからの協力を得ています。

ここでは、米ドルと連動したステーブルコイン「UST」を例にして仕組みを解説します。

USTの価格が1UST=1.01ドルになってしまった場合

1ドル相当のLUNAを売却し1USTを購入します。

この時1USTは1.01ドルなので、1UST=1ドルになるまでUSTの売却圧力がかかります。

※LUNAが売却された時LUNAはシステムによって焼却されます。

USTが購入された時USTはシステムによって発行されています。

USTの価格が1UST=0.99ドルになってしまった場合

0.99ドルで1USTを購入します。この時1USTは0.99ドルなので、1UST=1ドルになるまでUSTの購入圧力がかかります。

購入した1USTを売却し、1ドル相当のLUNAを購入すれば0.01ドル分のLUNAを多く購入できたこととなります。

※LUNAが購入された時、LUNAはシステムによって発行されます。

USTが売却された時、USTはシステムによって焼却されています。

このようなアルゴリズム型の仕組みが仮想通貨LUNAの大きな特徴となっています。

仮想通貨LUNAが暴落した理由

では、なぜそのような特徴を持った「LUNA」は暴落になったのでしょうか。

それは、規制のない仮想通貨市場の中、LUNAが持っていた特徴が不利に働いたからだといえます。

【暴落までの具体的な流れ】

2022年5月7日、その暴落のきっかけが起こります。

テラ上に存在するAnchor protocolというところから、14億ドルものUSTが出金されていたことが判明したのです。

その翌日にも仮想通貨取引所バイナンスから3億ドル近くの出金があり、USTは米ドルから2%ほど価格が乖離してチャートが崩れはじめました。

USTが大きく下落したことにより価格調整のためより多くのLUNAの発行が必要になり、LUNAの発行枚数増大はLUNA1枚当たりの価格の低下。

そのままLUNAの下落は止まらず、とうとうバイナンスでの証拠金取引の廃止が発表されます。

結果、価格は99.99%下落し、チャートではその暴落の具合がはっきりと示されています。

仮想通貨LUNAは、USTなどのステーブルコインが発行されるほどLUNAの償却が起こるため、

価格が上昇していく仕組みでしたが、逆にUSTの需要が極端に減ってしまった場合、価格が下落していく仕組みでもありました。

今回の暴落はその性質が表面化したといえます。

【暴落の背景】

暴落の背景には、ステーブルコインの主導権をめぐっての熾烈な競争があるといわれています。

なぜなら、暴落のきっかけとなった一連の巨額の出金や・そのタイミングをみると、

この暴落は人為的におこされた可能性が高いと指摘されているからです。

人為的に起こされたかどうかはつきとめることは困難ですが、偶然このような暴落がおきたとしても、株式や債権とは違い、仮想通貨市場はまだ規制や整備が  進んでおらず、リスクも並存しているということを覚悟しておくことが必要です。

仮想通貨LUNAの今後や将来性

ここでは、今後や将来性を上昇要因と下落要因に分けて見ていきたいと思います。

【今後の3つの上昇要因】

・仮想通貨市場のさらなる発展の見込み

・新たなプロジェクトの立ち上げ

・まだ採用されていない仮想通貨取引所への上場

【今後の3つの下落要因】

・FRBによる急激な金融引き締め政策

・プロジェクトへの信頼性

・ステーブルコインへの過度な規制

今後の上昇要因

【仮想通貨市場のさらなる発展の見込み】

仮想通貨市場は今後もさらに成長していくことが見込まれています。

ブロックチェーン・メタバースなど将来性のある分野の発展・仮想通貨の実需的な利用の拡大は、

仮想通貨市場にとっては追い風です。

また、エルサルバドルではビットコインを世界で初めて法定通貨に採用し、

大きな存在感となっています。

【新たなプロジェクトの立ち上げ】

今回の暴落を受けて、運営元であるTerraform LAbsのCEOド・クウォン氏は、テラブロックチェーンの新しいプラン「Terra Ecosystem Revival Plan2」を発表しました。

このプランでは、今までのLUNAを保有していた投資家に対し、新しいLUNA「LUNA2」の配布が 実施されていくとのことです。

またBybitでは5月31日から、Binanceでも6月1日から、LUNA2の取引は開始されていていますの で、今後のLUNA2の値動きはこの新たなプロジェクトの先行きにより大きく左右されることが予想されます。

また、チャートを見てみると依然、一時期よりも圧倒的に低い価格帯を推移していますので、今後、新たなプロジェクトでプラスの発表があれば大きな値上がりが期待できます。

【まだ採用されていない仮想通貨取引所への上場】

他の仮想通貨の過去を見てみると、

新しく仮想通貨取引所への上場があると価格が一気にあがることがよくみられます。

新規の買い手が増えることが予想されるためです。

まだ、テラ(LUNA)は、日本の仮想通貨取引所にはどこにも上場していませんので、

この先、日本での上場が発表されると、その需要は増大し価格上昇につながる可能性があります。

今後の下落要因

【FRBによる急激な金融引き締め政策】

2022年6月現在においては、

ほとんどの資産クラスにとって値上がりしにくい環境が続いています。

理由は、FRBの金融引き締めが続いており、今後も一定期間引き締めを行っていく見込みとなって いるからです。

そのため、短期的には仮想通貨市場にとっても向かい風の状況であり、金融政策に変更がない限  り、値上がりは厳しいと予想されます。

【プロジェクトへの信頼性】

韓国の捜査当局が、テラ(LUNA)の関係者の出国禁止令を下しているとの報道が2022年6月20日に

ありました。 

今回の出国禁止令は、テラ(LUNA)の関係者が捜査から逃れるのを防ぐためとされていますが、このような報道がある時点で、下落要因となってしまいます。

今後もこのような動きが続くのであれば、プロジェクトへの信頼性は取り戻せませんので、将来性も期待できなくなってきます。

【ステーブルコインへの過度な規制】

ステーブルコインに対しての規制の動きも、下落要因としてあげられます。

法定通貨と同様の値動きをするステーブルコインが、法定通貨に取って代わるものとして捉えられているからです。

政府にとっては、通貨発行を独占してきた利権が脅かされていると捉えることもできるため、規制の対象となれば、価格下落につながります。

今後の値動きについて、

上昇要因・下落要因ともに見てきましたが、

どちらも仮想通貨市場全体の影響を大きく受けるということがいえます。

またその中でも「LUNA2が有望なプロジェクトだと投資家から判断されるかどうか」が、このプロジェクトの将来性を決める1番の要因となってきます。

仮想通貨LUNAの買い方・購入方法

ここまで解説をしてきた仮想通貨LUNAですが、残念ながら、日本の取引所では直接購入できません。

仮想通貨LUNAを購入するには、海外の仮想通貨取引所を経由する必要があります。

また旧ルナは LUNCとの表記になり、新ルナは LUNA2となっています。

今後のプロジェクトでは LUNA2の利用となるので、

LUNCではなく、LUNA2の購入をおススメします。

ここでは、日本の仮想通貨取引所から、海外の仮想通貨取引所に仮想通貨を送金し、送金した仮想通貨でLUNA2を購入していく手順を紹介いたします。

LUNA2を購入するための手順は以下の通りです。

チェックリスト

  • ①国内取引所で仮想通貨を購入
  • ②LUNA2を購入するための海外の仮想通貨取引所のアドレスを確認
  • ③アドレスを確認した海外取引所へ、国内取引所から仮想通貨を購入
  • ④送金した仮想通貨で、LUNA2を購入する。

 

①日本の国内取引所で仮想通貨を購入

まずは送金することが可能な日本の仮想通貨取引所を開設し、ビットコインなどの仮想通貨を購入しましょう。

②LUNA2を購入するための海外取引所のアドレスを確認

次にLUNA2が購入できる海外の仮想通貨取引所を開設しましょう。

おススメの海外の仮想通貨取引所は次の2つとなります。

・Binance(バイナンス)

・Bybit(バイビット)

開設をしたら、その取引所のアドレスを確認しましょう。

この時、アドレスは必ず間違えないようにしてください。

もし、間違ったアドレスに仮想通貨を送ってしまうと

ほぼ確実に仮想通貨を失ってしまうからです。

国内取引所から仮想通貨を海外取引所へ送金

アドレスを確認したら、日本の仮想通貨取引所から送金手続きをしましょう。

繰り返しになりますが、アドレスを間違えないよう気を付けてくださいね。

送金する仮想通貨は、該当する海外の仮想通貨取引所で取引可能な仮想通貨を送金しましょう。

基本的にはビットコインで問題ありません。

④送金した仮想通貨でLUNA2を購入

取引可能な仮想通貨の送金が完了したら、いよいよLUNA2を購入しましょう。

また、LUNA2を購入する場合は、無価値になってしまう恐れも十分あるため、

余裕資金(=無価値になっても受け入れることができる金額)の範囲内での購入をするようにしてください。

仮想通貨LUNA(テラ)のまとめ

この記事では、テラ(LUNA)の特徴と今後について解説してきました。

最後に、記事の内容を振り返りると、

・テラ(LUNA)とは、独自のアルゴリズムを持った分散型のステーブルコイン。

・2020年5月に起きた暴落では、そのアルゴリズムが原因でチャートが崩れた。

・今後や将来性ついては、LUNA2が仮想通貨の中で有望なプロジェクトだと投資家から

判断されるかどうかが鍵となる。

テラ(LUNA)は独自の特徴を持ってるがゆえに、ボラティリティー(価格変動)の高い仮想通貨となっています。

購入については、テラプロジェクトの動向をしっかりと把握してから検討しましょう。

  • この記事を書いた人

シン

仮想通貨歴5年(2017年~)主にXRPとETH所有。仮想通貨を軸に、Web3/NFT/DeFiなど乗り遅れたくないけどむずかしくて後回しにしてしまいがちなジャンルの発信をしています。自称草コインホルダー&NFTコレクター。

-仮想通貨の始め方