MetaMask(メタマスク)をポリゴンに接続する方法|スマホ版

いざOpenSeaでNFTを購入しようと思ったときに、ポリゴンで出品されてて、ポリゴンネットワークに繋げなければ取引が進められないなんてこともあるでしょう。

そんなときに必須の、メタマスクをポリゴンの接続する方法を解説していきます。

前提としてメタマスクをインストールしていることが必須です。

まだの方はこちらの記事で解説しているので参照して済ませてください。

>>メタマスクのインストール方法

また、メタマスクの画面は以前と比べて画面が若干変わっています。

他サイトと比べて少し違うと感じるかもしれませんが、本記事のスクリーンショットは2022年5月時点のもので執筆当初では最新といえます。

補足:Polygonは「MATIC」と表記されることがありますが同じものです。仮想通貨としては「Polygon」で、シンボルが「MATIC」です。

メタマスクをポリゴンに接続する方法

メタマスクをポリゴンに接続する方法はむずかしそうにも思えますがやってみれば意外と簡単です。

以下3つのSTEPに分けたのでひとつずつ進めていきましょう。

※画面はスマホ版です。画面は変わりますがパソコン版でも同様の手順です。


  • step.1

    メタマスクアプリを起動する


  • step.2

    ポリゴンのネットワーク情報を追加する


  • step.3

    ネットワークが追加されているか確認する


[/st-mybox]

メタマスクアプリを起動する

まずメタマスクのアプリを起動します。
(以下はブラウザの画面になっています。)

初期状態はイーサリアムネットワーク(Ethereum  Main Network)です。

次に左上3本線をタップし、メニューを開きます。

続いて歯車マークの「設定」を選択。

次に「ネットワーク」をタップし、カスタムRPCネットワークの追加をしていきます。

ポリゴンのネットワーク情報を追加する

先ほどの続きです。「ネットワークの追加」をタップしてください。

すると以下のような「新しいRPCネットワーク」の追加画面になります。
※初期は未入力画面です。

赤枠①に画像と同じ内容を入力しましょう。

項目 入力内容
ネットワーク名 Polygon Mainnet
RPC URL https://polygon-rpc.com
チェーンID 137
シンボル MATIC
ブロック エクスプローラーのURL https://polygonscan.com/

まちがいのないように、上記をコピペがおすすめです。

ポリゴンのネットワーク情報を入力完了したら、赤枠②の「追加」をタップしてください。

以上でひととおりメタマスクにポリゴンを接続する方法は終わりですが、正常に繋がっているか確認していきましょう。

ネットワークが追加されているか確認する(ネットワークの切り替え方)

MetaMask(メタマスク)がポリゴンネットワーク(Polygon Mainnet)に接続できるか確認していくと同時に、ネットワークの切り替え方の解説です。

メタマスクのブラウザトップ画面右下の赤枠内をタップします。

次に「ネットワークの切り替え」をタップします。

続いて、一番下にある「Polygon Mainnet」をタップ。

左上3本線のメニューから「ウォレット」を開きます。

次にポリゴンを所持している方、所持数を確認しましょう。

特に問題なければすべての行程が完了です。

おつかれさまでした。

  • この記事を書いた人

シン

仮想通貨歴5年(2017年~)主にXRPとETH所有。仮想通貨を軸に、Web3/NFT/DeFiなど乗り遅れたくないけどむずかしくて後回しにしてしまいがちなジャンルの発信をしています。自称草コインホルダー&NFTコレクター。

-OpenSea