OpenSeaでガス代が発生するタイミング|”安い時間”ってどういうこと?

OpenSea ガス代 安い時間帯

この記事でわかること

  • OpenSeaでガス代が発生するタイミング
  • OpenSeaのガス代が安い時間について
  • OpenSeaのガス代を節約するコツ

OpenSeaでNFT取引を始める前は、ガス代が発生するタイミングが気になるとおもいます。

これからNFTを始めたい方にとって役に立つ記事内容です。

すべて読み込む必要はないですが、ガス代を節約するコツはしっかりと覚えることをおすすめします。

OpenSeaでガス代が発生するタイミング

OpenSeaでガス代が発生するタイミングを表でまとめたので参考にしてください。

なにも考えずに取引をしているといつのまにか大きな額を支払っていることがあるのでしっかりチェックしましょう。

ガス代発生タイミング 備考
イーサリアムNFTで初出品 2度目の出品以降はガス代はかかりません。
イーサリアムNFTでの販売時 オファー主への販売時です。
イーサリアムNFTでの購入時 BuyNow(固定価格での購入)のみガス代がかかり、MakeOffer(指値注文)のときにはガス代はかかりません。
イーサリアムNFTでのキャンセル時 値下げや削除時にはガス代はかかりません。削除すると販売データも丸ごと消えます。
イーサリアムNFTをエアドロップするとき エアドロップは「Transfer(送る)」という機能を使ってNFT作品を無料配布することです。
NFTメタデータをIPFSに保存するとき IPFS(Inter Planetary File System)とは分散型サーバーのことで、そちらに移すと永久に削除や編集ができなくなります。
ETHからWETHに交換するとき OpenSeaで取引するときに必要なWETHをETHから変換するときにガス代がかかります。

『オファー(購入)時』の補足

オファー(購入)時にMakeOffer(指値注文)を選び、取引が成立してもガス代は発生しません。

しかしオファーキャンセル時にはガス代が発生するので、手当たり次第にオファーするようなことは避けましょう。

取引にはETHブロックチェーンを使用しますが、そのままの状態では取引できません。

『NFTメタデータをIPFSに保存』の補足

NFTメタデータをIPFSに保存するかどうかは、NFT出品時に「Freeze metadata」の項目を選ぶことで決められます。

ガス代が発生することと、削除や編集ができないことを踏まえると、「この作品は絶対に残したい」というような強い意志がある場合のみにした方が良さそうですね。

『ETHからWETHに交換』の補足

また、WETHに交換する必要があります。

WETHとは

WETHとは、「Wrapped ETH」のことでラップされたイーサリアムを指します。「ラップされる」とは「服を着せる」という意味です。簡単にいうと、そのままの状態のイーサリアムと他の暗号通貨やNFTと直接交換できないので、交換できる状態にしたETHをWETHといいます。OpenSea内での取引もすべてこの「WETH」です。

ETHからWETHへの交換は、OpenSea内で簡単にできますが、交換のたびにガス代がかかってしまうデメリットもあります。

必要なETHをある程度予測して、交換頻度をなるべく少ない回数にしましょう。

OpenSeaのガス代が安い時間

みなさんは、OpenSeaのガス代が安い時間がある噂を聞いたことがあるでしょうか。

実際、噂でも予想でも何でもなく、OpenSeaのガス代が安くなる時間は存在します

そしてOpenSeaのガス代が安くなる時間は朝の時間帯と土日です。

朝の時間帯は8時~9時頃、土日は午前中が比較的安い時間帯です。

逆に夜の時間帯、18時~24時の間は混雑していることが多く、ガス代も高くなっているので注意しましょう。

OpenSeaのガス代を節約するコツ|安い時間帯も

先ほどの「ガス代が安い時間」もガス代を節約するコツのひとつです。

他にもいくつか節約するためのコツがあるので、解説していきます。

すべて実践出来たら○○くらいお得にNFT取引ができるようになるはずなので、覚えきれない方はブックマークしていつでも確認できるようにしてくださいね。

  1. 安い時期や時間を見計らう
  2. 安くなってる瞬間を見極める
  3. 安いブロックチェーンでNFT取引する
  4. 取引速度を遅くする

安い時期や時間を見計らう

ガス代を安く抑えるためには安い時期や時間を見計らって取引をおこなう必要があります。

ガス代はネットワークの混雑状況で上下するので、比較的落ちついている時間を狙うのがいいでしょう。

いま、ガス代が高いのか低いのかは「ETH GasStation」というサイトで簡単にチェックできます。

以下はETH GasStationの実際の画面です。

赤枠部分がガス代の目安です。

ガス代の目安

Gas Priceが...

  • 20~40=ガス代が安いといえる
  • 150~300=ガス代が高いといえる

150を超えたあたりで、ガス代が高くなっているといえるので「その時間帯の使用は控えた方が良い」というような判断ができます。

安くなってる瞬間を見極める

「安くなっている瞬間」は先ほどの、「安くなっている時間」とは違います。

仮想通貨全般にもいえることですが、イーサリアムの価値は秒単位で変わります。

数秒で数%変わることもあり、金額にして1万円くらい変わることもあります。

OpenSeaでのNFT取引時には、メタマスクの以下の画面が開かれます。

 

この赤枠部分がガス代です。

 

確認を押さずに数分待ってみましょう。常に変動していることがわかるはずです。

 

いつまでも待つのはキリがないので、だいたいの目安のガス代になったタイミングで「確認」をタップしましょう。

このくらいの工夫でガス代をおさえることができるのです。

すこしでも安く取引したいという方は試してみてください。

安いブロックチェーンでNFT取引する

OpenSeaではNFT取引のときに使うことができるブロックチェーンは全部で4つあります。

  • Ethereum(イーサリアム)
  • Polygon(ポリゴン)
  • Klaytn(クレイトン)
  • Solana(ソラナ)

先にOpenSeaの画面(ブロックチェーンの切り替え方)の説明をしていきます。

上記画面のメニューのタブ「Chains」をタップすると4つの仮想通貨がでてきます。

この画面で「Solana」を選ぶとします。

もし上記画面の出品者が「Solana」のブロックチェーンを利用していた場合に、「Solana」で取引ができるようになるのです。

ただ逆に、出品者が使用していないブロックチェーンだと、その仮想通貨では購入することができません。

そして、この中で最もガス代がお得といえるのが「Polygom(ポリゴン)」です。

「Polygom(ポリゴン)」と「ETH(イーサリアム)」のガス代発生タイミングを比較するとこんな違いがあります。

ポリゴンとイーサリアムのガス代発生タイミング比較
タイミング ポリゴン イーサリアム
初めて出品するとき ×
NFTを購入するとき
購入オファーを受けるとき(売れたとき)
販売をキャンセルするとき ×
NFTをエアドロップするとき
NFTメタデータをIPFSに保存するとき ×

上記表のように、ポリゴンはイーサリアムよりもガス代を節約できるのがわかるはずです。

初めて出品するときにガス代がかからないことは、初心者の方が試しに出品するのに最適といえます。

ただもちろんメリットがあればデメリットもあります

それは、「ポリゴン利用者が少なく、欲しい出品者の作品(NFT)が手に入らないことも多々ある」ことやその逆もです。

詳しくはこちらの記事で解説しているので合わせて参照してください。

取引速度を遅くする

ガス代を節約するための最後のコツは「取引速度を遅くする」ことです。

メタマスクの設定を「低速」にすることで、取引速度が遅くなる代わりにガス代が安くなります。

具体的なやり方は以下のとおりです。

 

ガス代を節約したくて時間が少しくらいかかっても良いという人はぜひ「低速」に設定しましょう。

OpenSea内で使える4つのブロックチェーン

OpenSea内で使用可能な4つのブロックチェーンを使い分けるのが1番ガス代節約できますが、すべての種類を手に入れるのも現実的ではありません。

海外の暗号通貨取引口座でしか取り扱っていないものもあり、初心者には開設する手間が大きいからです。

  • Ethereum(イーサリアム)
  • Polygon(ポリゴン)
  • Klaytn(クレイトン)
  • Solana(ソラナ)
仮想通貨名 取扱い取引所
イーサリアム Coincheck(コインチェック) 
ポリゴン Binanse(バイナンス)
クレイトン Binanse(バイナンス)
ソラナ Binanse(バイナンス)

ただ上記の内、ポリゴンが最もガス代が節約でき、取り扱うユーザー(出品者)も多いのが現状です。

NFT出品者になる場合もブロックチェーンの取り扱いを増やせば増やすほど、購入してくれる可能性も広がります。

そのため余裕があればポリゴンを購入して、NFTマーケットプレイスでの活動の幅を広げるのもいいかもしれません。

また、どのコインを手に入れるのにも「コインチェック」さえ開設していれば、海外口座送金もスムーズです。

コインチェック→バイナンスにコインを送金→バイナンスで目当ての仮想通貨を購入]といった流れになります。

取引口座未開設の方はまずこちらのコインチェック開設方法5ステップで、画像を見ながら手順を踏んで解説してみてください。

取引口座開設方法

コインチェック 開設方法 登録
コインチェックで口座開設する手順|簡単5ステップ【完全無料】

続きを見る

  • この記事を書いた人

シン

仮想通貨歴5年(2017年~)主にXRPとETH所有。仮想通貨を軸に、Web3/NFT/DeFiなど乗り遅れたくないけどむずかしくて後回しにしてしまいがちなジャンルの発信をしています。自称草コインホルダー&NFTコレクター。

-NFTの始め方