【登録方法】Pi Network(パイネットワーク)でマイニング|怪しいけど夢がある

2021年から、PiNetwork(パイネットワーク)が話題になっています。

2022年5月現在では参加者が世界で3500万人となり、近頃さらに盛り上がっているスマホで簡単にできる仮想通貨「Pi」のマイニングです。

始めるのも10分かからず、この記事の手順通りに進めればあっというまです。

登録の前に「PiNetwork」の将来性や上場などの最新情報、怪しいといわれる理由まで一読してから登録していただくことをおすすめします。

PiNetworkは海外のプロジェクトで信頼性はあってもリスクがあるのは否めません。

マイナスの部分も把握してから始めましょう!

Pi Network(パイネットワーク)とは

パイネットワークとはスマホで簡単に無料でできるマイニングサービスです。

アプリを開いて、24時間に1回タップするだけでマイニングが完了します。

本来マイニングは、電気を大量に消費し、パソコンを何台も使い、環境にやさしくないといわれます。

しかしこの点、Piコインのマイニングはとてもエコで省コストです。

そもそもマイニングは一般人が参加できるようなものではありません。

マイニングってなに?

マイニングはブロックチェーンにおける取引記録作業のことです。マイニングをしている作業者がいて初めてブロックチェーンが成り立ちます。

世界で約3500万人のユーザー数がいて、巷では「ビットコインを超える仮想通貨」とも話題にも上がります。

その言葉が真実かどうかは置いておいて、とても夢のあるプロジェクトだと感じます。

Pi Network(パイネットワーク)のリスク

パイネットワークは海外のマイニングサービスです。

海外だからというわけではなく、仮想通貨である以上リスクは伴います。

しっかり把握しておくとなにがおきてもあわてるようなことにはならないはずです。

ここで解説するリスクは以下の3つ。

  1. マイニング報酬が減っていく
  2. 個人情報を登録している
  3. Piコインに価値が付かない

マイニング報酬が減っていく

パイネットワークは参加者が増えるたびにひとり当たりのマイニング報酬額が減っていってしまいます。

つまり、パイネットワークへの参加が遅れれば遅れるほど損をしてしまうのです。

2022年5月現在、参加者は世界で3500万人1時間当たりのマイニング報酬額は0.02πです。

先行者利益はまだ間に合いますができるだけ早い方が良いでしょう。

個人情報を登録している

パイネットワークのマイニングに参加するためには本名や電話番号、メールアドレスなどの個人情報は登録必須です。

※後ほど手順内で解説しますが、本名については第三者に対して伏せることもできます

海外サイトであることがもしかしたら抵抗ある人がいるかもしれませんね。

なぜ個人情報が必要なのかというと、マイニングでの不正がおこなわれるかもしれないからです。

具体的には、1人で複数アカウントつくってマイニングすること。

これができてしまうと、パイネットワーク側も全員に等しくサービスを提供できませんね。

安心できる要素としては、クレジットカードなどの金銭的な登録はないことです。

パイネットワークに参加するときも、金銭的にはノーリスクではあります。

Piコインに価値が付かない

Piコインはどこの取引所にも上場していません。

そのため、現段階でPiコインは無価値です。

このまま上場せずでプロジェクトが終わると、パイネットワークのマイニングはなにも意味のなかったものとなってしまいます。

いままでの私の経験でいうと、ある程度認知されているサービスや仮想通貨もなかなか芽がでず消えていくことなんてよくあります。

気長に軽い気持ちで参加してみるのも良いでしょう。

Pi Network(パイネットワーク)の将来性|今後ホントに上場するの?

パイネットワークの将来性や上場については、残念ながら未知数です。

2022年5月の段階ではまだ上場の知らせはありません。

しかし上場してない今こそが大きなチャンスであるともいえます。

ビットコインだってタダ同然だった

例えば、現在ではビットコインは300万、最高で500万円の価値がありますのはみなさん知っていると思います。

ただ取引開始時なんて、タダ同然だったんです。

どんなコインも上場するまでどれくらいの価値が付くのか想像の域を越えません。

将来性があるかないかと聞かれるとわからないとしかいえませんが、億り人になる可能性は十分にあるのです。

中国圏での予想は300ドル?

Piコインが上場したときの価格について、中国圏では「300ドルでは売るな」とささやかれることがあります。

これはいずれビットコインを超えるほどのポテンシャルがあると見越しての噂です。

実際にパイネットワークの開発はスタンフォード大学の教授と博士課程の生徒たちがはじめたもの。

この頭の良い人たちが考えたシステムですごいのは、いままでの仮想通貨とちがうエコなシステムです。

いままでの仮想通貨のマイニングといえば、大きなコンピュータ、大規模な電気消費など環境にもやさしくないものでした。

しかしパイネットワークのシステムでは、大きなコンピュータを使うことなく、私たち世界中ののスマホの連携による承認というアルゴリズムを使い、合意形成をしていくことができます。

新しい形のサービスは大きなリターンを生みだす可能性があると考えます。

Pi Network(パイネットワーク)は怪しいの?

パイネットワークが怪しいと噂されることが多々あります。

結論からいうと、パイネットワークは怪しくもなければ詐欺でもないでしょう。

仮に詐欺だったとしても、無料で参加できるマイニングなので金銭的な損失はないですからね。

始めるかどうかは自己の判断でお願いしたいところですが、私はみつけたとき飛びついてすぐに始めてしまいました。

公式Twitterが126万人を超えている

パイネットワークの公式Twitterは2022年5月現在で126万人を超えています。

ここ約半年間で50万人以上増えていますね。

SNSでフォロワーが多いということは、大きな影響力をもつということです。

さらに仮想通貨関連はSNSの拡散力が今後の成長を左右するカギでもあります。

この点、パイネットワークが上場したときには爆発的ななにかを生みだすのではないかと期待できます。

Pi Network(パイネットワーク)の登録方法【スマホアプリ】

パイネットワークの概要やリスク、将来性についてひととおり目をとおした上で、少しでも可能性を感じた方のみ以下の手順でご登録ください。

登録は5分~10分程度で簡単に完了させることができます。

まずは全体の流れを把握しましょう。

  1. アプリをダウンロード
  2. 登録方法を選択
  3. パスワードを入力
  4. 本名とニックネームを入力
  5. 招待コード「shinsank」を入力

それではひとつずつ進めていきます。

アプリをダウンロード

以下から「PiNetwork」のアプリをダウンロードしてください。

Pi Network

Pi Network

SocialChain無料withアプリーチ

 

登録方法を選択

好きな登録方法を選択します。

選べるのは3パターンです。

  • Facebookで登録
  • 電話番号で登録
  • AppleIDで登録

今回は真ん中の「Continue with phone number」をタップし、電話番号で登録していきます。

上記画像の「united States」はそのままでOKです。

下の赤枠内に自分のスマホの電話番号を入力しましょう。

「Go」をタップするとパスワード入力画面へ進みます。

パスワードを入力

パスワードを入力していきます。

8桁以上でパスワードを入力しますが、大文字や数字などを入れてなるべく複雑な文字列にするとセキュリティ面が強くなります。

また、下部の赤枠にある注意書きに書かれているとおり、電話番号の不正はNGですので気をつけましょう。

パスワードを入力したら「送信」で次に進みます。

本名とニックネームを入力

次に本名とニックネームの入力です。

「名」と「性」は必ず本名を入力してください

本名以外だと、マイニングして貯めたPiコインを受け取ることができなくなってしまうので注意しましょう。

「ユーザー名」に関しては英数字で好きな文字列で大丈夫です。

入力したら「送信」をタップしましょう。

認証画面がでてきます。

今回私の場合は「山」を選ぶものでしたが、内容はランダムです。

確認」をタップして進みます。

招待コード「shinsank」を入力

次に招待コードを入植する画面になりますが入力必須です。

よろしければ「shinsank」を使用していただくとスムーズです。

入力後「送信」をタップ。

以上で登録自体は完了です。

このようなチュートリアル画面になるので進めていきましょう。

日本語で案内されるのでわかりやすくて安心できますね。

Pi Network(パイネットワーク)のKYC

これまでの登録がおわったら、次にKYC(本人確認)をしていきます。

実はKYCはかなり重要で、完了しないとマイニングで得たPiコインはすべてなかったものとなってしまうのです。

手順は以下のとおりです。

  1. 左上三本線メニュー
  2. 「Pi Browser」
  3. 「サインインする」
  4. 左下「kyc.pi」で申請ページへ

上記の流れでKYC申請ページまで進みます。

進んだ先で「申し訳ありませんが、現在参加店員に達しております。」と表示された場合は焦らずに待っていると、公式から案内が来るはずです。

こちらの動画はPiNetworkのKYCのやり方を解説した動画です。

日本語字幕付きなので、よくわかるとおもいます。

Pi Network(パイネットワーク)の最新情報【2022年5月】

パイネットワークの直近の情報をまとめています。

パイネットワークの話題性を流入数でチェックしてみた

上記赤枠をごらんください。

1位がインド、2位はアメリカですが3位4位はフィリピンとインドネシアです。

このトラフィック数(公式サイトへの流入)データからいえることは、参加者はアジア圏が中心だということ。

パイネットワークはアジアを中心にプロフェクトを広げているといえます。

は日本でのトラフィック数です。

2021年初めに少し盛り上がりがあったことがわかりますが、2022年4月ごろから再度注目を浴びていることがわかります。

ただ日本のトラフィック数は50位台となっていて、先進国の中ではすこし遅れている印象を受けました。

ちなみにアメリカでは2021年の1月ごろにはすでにピークを迎えていたようです。(以下画像参照)

 

  • この記事を書いた人

シン

仮想通貨歴5年(2017年~)主にXRPとETH所有。仮想通貨を軸に、Web3/NFT/DeFiなど乗り遅れたくないけどむずかしくて後回しにしてしまいがちなジャンルの発信をしています。自称草コインホルダー&NFTコレクター。

-仮想通貨の始め方